早く短期間でお金を貯める貯金術、お小遣いをすぐに貯められる節約術、お金を簡単に貯められる稼ぎ方をご紹介しています。小学生・中学生・高校生・大学生必見!

短期間で早くお金を貯める方法!お金を稼ぐ方法や節約する方法は?

中学生が早くお金を貯める方法!

中学生が早くお金を貯める方法!短期間でお小遣いが貯まる貯金のコツは?①

投稿日:

中学生が早くお金を貯める方法!

短期間でお小遣いが貯まる方法をご紹介しますね。

早くお金を貯めたいと思っている方は必見ですよ。

今回の早くお金を貯める方法を参考にして、

効率的に早くお金を貯めてくださいね。

 

20代女性
お金を早く貯めるコツは「使ったつもり貯金」と「コンビニを極力使わない」この2点です。
この2点を意識することで中学生でもお金を早く貯めることができるんです。

まず、「使ったつもり貯金」です。
これは、お菓子を買ったつもり、ジュースをかったつもり、として貯金箱にその都度小銭を入れていきます。

この際に、貯金箱はすぐにお金が取り出せるものではなく壊したり缶切りで開けなくてはお金が取り出せないタイプを選ぶのがコツです。すぐにお金が取り出せてしまうと、少しくらいなら大丈夫と自分に甘くなってしまい、ついついお金を使ってしまう危険性があります。

もう1つの「コンビニを極力使わない」について説明します。
コンビニの商品はスーパーで購入するよりもかなり高めに設定されています。

コンビニでジュース1本買う値段で、スーパーの特売日を利用して購入すれば2、3本買えてしまう場合もあります。
たった数十円くらいと考えがちですが、塵も積もれば山となります。

コンビニは便利で何でもいつでも手に入る点ではかなり助かりますが、同じ物を購入するのにこんなに値段がちがうなんて本当にもったいないことですよね。

購入するのなら少しでも安いスーパーを利用して、価格が高めに設定されているコンビニは極力使わないようにするとお金がみるみるうちに貯まってきます。

 

30代女性
中学生といっても、友達同士のつきあいで、一緒に遊びに行ったり、学校の部活帰りにちょっと小腹を満たすために買い食いしたり、何かとお金がかかります。私も、少ない手持ちのお金(主に小銭)から苦労して捻出したり、欲しいCDや漫画を買うために母親に交渉したりしたものです。

中学生が早くお金を貯めるために必要なのは、使う金額を最小限に抑えること、ひと月あたりに使う上限金額を決めておくこと、両親や祖父母と決めたお手伝い賃や、お年玉貯金を有効に使うことなどが挙げられます。

まずは、現在のお金の使い方を把握するために、試しに一か月、自分専用の家計簿をつけてみましょう。
手持ちのお金をすべて書き出して、どんなものに、どれだけ使ったかを記帳していきます。難しく考えず、何にいくら使ったかさえ書き出せたらそれでいいのです。

そうすると、使った金額だけでなく、自分がどんなものにお金を使う傾向があるのかが見えてきますよ。

例えば、部活帰りにコンビニで飲み物やお菓子を買った費用や、週末友達とお揃いで買ったキーホルダー、ちょっと奮発して友達と飲んだスタバのフラペチーノ、楽しみにしていた漫画の新刊など、結構出費が多いことがわかります。月によっては、手持ちのお金では足りないケースもあるでしょう。

その材料をもとにまずすべきことは、どこが削れるか、本当にその時買うべきだったのかどうかを考えることです。先程挙げたケースで考えてみましょう。

・飲食代→1日あたり、ひと月あたりの上限金額を決める。ひと月あたりの買っていい日を何日間に絞る。
・交際費→本当に必要な出費かよく考える。買うことで予算オーバーになりそうな場合は、飲食代や雑費を削る。断る勇気も必要!
・娯楽費→漫画やCDなど、まとまった金額が必要なものは、年間でいくら使うと予想して、別で予算を立てておく。発売日だから

とすぐに買わずによく考えましょう!書籍は図書館を上手に利用してみてもいいですね。
以上です。

いかがでしょうか。いきなり完璧な節約は難しいかもしれませんが、まずは現状を把握してみて、うまくいかない時には家族に相談してみてくださいね。

 

30代女性
とにかくことあるごとに両親へお手伝いにつながりそうな頼み事をされる度にお手伝い料をお願いしてみることが案外早いと思います。

私が中学生の頃は塾の帰りや友達と遊ぶ時、途中でおやつ買うからとか、飲み物代として僅かながら貰ったお金を貯金していました。

でもそのうちお菓子は既にかって家に用意されるようになり、くれなくなってしまいました。お手伝いは割と100円単位で300円までなら出してくれる可能性が高いです。

それも毎日ではなく手を変え品を変え、ねだる時も「最近お腹がすいちゃって、男子ならお菓子食べたくなっちゃうんだー」「友達とたくさん話してると喉乾いちゃってー」など成長期特有の事案を伝えてみたり、

または素直に何が買いたいからとか何に使いたくてと伝えてみると、その時は嫌な顔される時もあるかもしれませんが、両親は基本的に子供のことを応援したいものなので、少しづつお手伝いをたのんでくれるようになったり、お手伝いの金額をはずんでくれたり、

またはそのものを買ってくれるなどのサプライズをもたらしてくれるかもしれません。

私はその都度欲しいものを伝えて、手伝いをしてお小遣いをもらっていましたが、何回も手伝っているとそんなに欲しいのかと、我が子になにかしてあげたいと親心をくすぐるのは中学生ならではの知恵だと思います。

 

中学生におすすめの早くお金を貯める方法でした。

いかがでしたか。

今回の体験談を参考にして短期間で上手に貯金を増やしてくださいね。

次回はお金を早く貯める方法パート2をお送りします。

こちらも役に立つ内容なので読んでみてくださいね。

-中学生が早くお金を貯める方法!
-, , , ,

Copyright© 短期間で早くお金を貯める方法!お金を稼ぐ方法や節約する方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.