早く短期間でお金を貯める貯金術、お小遣いをすぐに貯められる節約術、お金を簡単に貯められる稼ぎ方をご紹介しています。小学生・中学生・高校生・大学生必見!

短期間で早くお金を貯める方法!お金を稼ぐ方法や節約する方法は?

小学生が早くお金を貯める方法!

小学生が早くお金を貯める方法!短期間でお小遣いが貯まる貯金のコツは?

投稿日:

お金を早く貯めたい!

短期間で貯金したい!

小学生が早くお金を貯める方法を教えちゃいます。

短期間でお小遣いが貯まる方法ですよ。

早速どうぞ!

 

20代後半女性
これは私が実際に小学生の時にやっていたお金を貯める方法です。お小遣いは毎月1000円を百円にバラしてもらっていました。お小遣いをもらった時に必ず2つの貯金箱に分けて入れていました。一つは下の蓋で開けられるもの、もう一つは昔のガラスでできた蓋がないもので、割らないと出てこないものでした。

もらったお小遣いを用途別に分けて各貯金箱にわかりやすいように名前をつけていました。一つは「普段使い用」ともう一つは「自分が本当に欲しい」または「これは買わねばならない!」と奮起したように。いざというための貯金箱は普段見えないところに隠して、普段使うお金は目に見えるところに置いておいて「1ヶ月間この貯金でどうにかするんだ」と子ども心に考えてお小遣い調整していました。

使うたびにいくら自分で何に使ったのかをノートに書いていらないものを買わないように極力気をつけていました。最悪お金が足りなかったときは親と一緒に行ってねだって買ってもらったり、本が必要であれば極力図書館に行って借りたり極力お金を使わないで節約しようという意識がありました。

つい欲しいものがあってたくさんのお金が必要になった!というときはガラスの貯金箱を割るのですが、割る前に必ず親に欲しいものを買う理由を説明していました。説明すれば親から援助金をもらえる可能性が高かったので、そのお金で欲しいものを買って貯金箱から極力お金を出さない方向に意識をしていました。

30代前半男性
小学生がお金を貯めるコツは、どうしたらお金がもらえるの?を本人に分かってもらう事です。
私たち親世代はお手伝いをする→お金をもらう。これが一般的だと思います。
しかし、この方法だとやりたくない事、つまらない事を達成するとお金がもらえる。と覚えてしまいます。

結果、お金の価値がよくわからない小学生からすると、やりたくない事、つまらない事は避けたいですから、お金を貯めよう、貰おうと言う気持ちが無くなってしまいます。
そこで、解決策として「意識改革」をしてあげると良いです。具体的な方法として、良い事や他の人が嬉しくなる事をしたらお小遣いをあげるようにします。

この方法が身に付いてくると、もっと良い事、もっと嬉しい事をしたくなります。
喜んで貰える=お金がもらえる。このように意識が変わってくると、自発的に行動できるようになり結果的に早くお金が貯まる方法になるわけです。

次は貯金のコツです。小学生ですからお金を貰ったら、使いたくなってしまうのが普通です。
ここでの上手なアドバイスの方法をお教えします。
「お金が貯まったら、何が買えるのか?(できるのか?)」
これを考えさせてみます。簡単に言えば「夢」を持たせてあげれば良いのです。

たくさんお金が貯まったら、楽しい事がある、欲しいものが買える。これが分かってくると自然にお金を貯めるクセが付きます。
まとめになりますが、お金=苦労して得る。大人はお金に対して悪いイメージが強いです。なので、小学生の頃から、お金=楽しい。このイメージを持っていると、今後成長しても自然とお金を貯める事ができるようになります。

30代後半女性
小学生がお金を貯めるには、主に3つの方法があります。まずは、月々のお小遣いやお年玉を貯めましょう。これはいくら貰っているかはおうちによって違うので、一概には言えませんが、とにかく使わなければいいのです。

次に、お手伝いをしてお小遣いを貰います。毎日どんどんお手伝いをすれば、お小遣いが増えて、お母さんにも喜んでもらえて、言うことなしです。

そして、最後に提案したいのが、賞金を稼ぐ方法です。いろいろな大会やコンクールに応募して、賞に選ばれると、賞金が貰えます。何も全国レベルの大きな大会でなくてもいいのです。町内やスーパーなど、小さければ小さいほど、選ばれる確率も上がるでしょう。

応募する前に、何が貰えるのか、賞品はきちんと確認した方がいいですね。子供だけの大会は、副賞として図書カードが貰える場合もあります。

けれど、実は大人に混じって参加する大会の方が、可愛いという理由で賞に選んでもらえる可能性があります。子供のお小遣いでは、いくら地道に貯めても、数十円、数百円ずつしか増えませんから、こんな一攫千金を狙う方法も面白いのではないでしょうか。

カラオケでもけん玉でも早食いでも、何でも構わないので、チャレンジしてみると、そこから新しい道が開けることもあるかもしれません。

20代後半女性
現金を貯める、という前提で私が子供の頃に実践していた方法です。
まだアルバイトが出来ない子供の収入源と言えば、基本的には身内から以外はあり得ませんでした。

家庭内の教育方針で賛否あるとは思われますが、我が家では大人の手伝いをするとそれに応じたお小遣いが貰える決まりでした。
例えば、食器の片付けをするといくら、選択の取り込みから片付けでいくら、犬の散歩etc…。
基本的には週払いで、冷蔵庫に紙が貼ってあって、日付と何をしたかを記録していくのです。
すると、週末に母親が集計してそれにみあった金額を手渡してくれました。

妹が一人いましたので、二人で競い合うように仕事を探しては親から小遣いを貰いました。もちろん、内容が面倒であるほど貰える額も大きいです。

今月発売される漫画、友人との遊ぶ約束などにかかる必要な金額をあらかじめ計算しておきます。そして、それに間に合うようにするには一日いくつくらい手伝いをしたら目標金額に到達するかなどを考えるのが割と楽しかったのを覚えています。

手伝いとはいえ、適当な仕事では賃金を満足に貰えることが出来なかったため、いかに早く丁寧にこなせるかを段々と自分で考えるようになったのです。
中学生になってからは小遣いは手伝いなしでの定額になってしまったのですが、小学生の時の手伝い出来高方式の方が時期によっては稼げましたし、何より楽しかったなぁと思います。

30代後半女性
この記事では小学生が早くお金を貯める方法をご紹介します。
やり方は大きく3つあります。どれも簡単にできる方法ですのでぜひ最後までご覧ください。

貯め方(1)お年玉をきちんと貯金
毎年お正月にもらえるお年玉。しっかり残していますか?毎年1万円貰えたとして、6年間で6万円も残すことができます。

貯め方(2)お小遣いを貯める
毎月もらえるお小遣い。無計画に全部使ってしまっていませんか?例えば、お小遣いの中きら毎月100円貯める場合、6年間で7200円を貯めることができます。

貯め方(3)お手伝いで稼ぐ
一番オススメなのがこの方法です。お母さんやお父さんが困っていることはありませんか?例えば、洗い物や洗濯物たたみ、洗濯物干し、掃除機かけなど、家政婦さんにお願いするような家事の作業を手伝うことでお小遣いをためる方法です。実際に、洗濯物1枚1円とした場合、1日10枚たたむことで、1か月で300円、6年間で21600円も貯めることができるのです。もちろん、お母さんお父さんとの交渉は欠かせません。何のためにお金を貯めたいのかを説明して、安いお小遣いでよいのでやってみたい!と率直に伝えることが大切です。

(1)と(2)に比べると(3)の方法は、お母さんやお父さんが困っている内容であればあるほど早くたくさんのお金をもらうことができる可能性があります。

実際に、お母さんやお父さんが疲れているときにマッサージをしてあげることで、一回100円のお小遣いをもらっている小学生もいるほどです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

お金を早く貯める方法はいかがでしたか。

小学生でも短期間でお小遣いが貯まる方法がいろいろありました。

できそうなものもあったと思います。

自分にできることをちょっとずつやっていけば

見事にお金を貯めていくことができますよ!

無駄使いせずに貯めれば結構な額になるでしょう。

がんばって貯めてくださいね。

-小学生が早くお金を貯める方法!
-, , , ,

Copyright© 短期間で早くお金を貯める方法!お金を稼ぐ方法や節約する方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.